Nam/Okko/Nam

 寡黙な饒舌・饒舌な沈黙

          ぶどううり・くすこ?

 


 不覚にも厄介な人と厄介な関係になってしまった。

 フットワークは軽いわ人を挑発するわ自信に揺るぎは無いわ、遣る事為す事

一歩間違えれば四面楚歌だと言うのに何故か彼の周りには味方が多い。それに

も増してファンも多い。元々女性受けしやすいとは思ってたけど最近は新境地

を開拓しそちらの延伸にもさりげなく余念が無い。

 多分普通の人間ならそう言う人と一線は越えない。傍観してる方が格段に面

白いだろうから。

 でも、本当に…本当に不覚にも一線を越えてしまった自分の状況を折りある

毎に再認するとかなり複雑な気持ちになる。今や運命共同体でもあるのだから

愚痴を言っても何の解決にもならないけど。

 だからねソンベ、せめて一戦交えた後で普通にツィッターするのはやめてく

れる?余韻を大事にしてとか高望みの贅沢は言わないけど、脱力感の少しはあ

っても良いと思うんだ。?

 「ソンベ、お茶と何か食べる?」

 「あるの?」

 「千枚漬サンドイッチなら」

 「なら良い。寝る」

 「おやすみ」

 体よくあしらわれてしまった。おっこも強かになったな。京都と言う土地柄

のせいもあるんだろうか。

 それにしても不覚を取った。おっことこう言う一線を越えるつもりは無かっ

たのに越えてしまったのは魔がさしたとしか言い様が無い。

 おっこと言う人間が嫌いな訳では無い。むしろ好きだからこう言う一線は正

直越えたくなかった。揺らぎが生じてしまうから。

 多分好きの種類がこの迷いの原因かも知れないな。かと言って他の同性と試

そうという考えは更々浮かばない。肉体も多分反応しないから。緑川さんと創

さんにはこう言う自分を見せたくないし。

 念の為に自分のベッドに戻っておっこに背中を向けて横になる。但し服は着

ない。せめて残滓を身にまとって眠りにつくくらい良いじゃないかと誰かに言

い訳しつつ。

こう言う時に言うべき言葉は未だに見つからない。それ以外では饒舌になる事

も出来るのに。?

 ソンベと別行動になって少しほっとする。心が斜めになってしまっている時

は物理的な距離もあった方が良い。ソンベは自己認識以上に色々洩れ出てしま

う人だからこちらにも色々伝わってしまう。良い事も悪い事も。今回は多分後

者。

 あのさソンベ、戸惑ってるのは僕も同じなんだけど?この戸惑いも自分で回

収しようと言う試みはとても前向きで好感が持てて貴方らしいんだけど、共有

物に関する事くらいは一言あっても良いんじゃないかな?それとも僕は貴方に

とって冗談口でいじる事がお似合いの後輩のままなの?

 ああ。

 こう言う時視覚だけでなく思考回路も覆ってしまう様な出力装置があれば良

いのにと思う。ああ、この発想、創作にも転用出来そうだな。うん。これで少

しばかり明るくなれるかも知れない。LEDとまでは言わないけど。

 閑話休題。

 口で喋る気が無いのなら肌に訊いた方が早いのかなとは思うけど、僕がそう

言う風にソンベを啼かせる事が出来た験しが無いし…啼いたとしてその後に口

を割ってくれるんだろうかと言う一抹の不安もある。僕の方が余力に不安があ

るし。?

 吸引力があるだの魔性と呼ばれたりはしてるけどはっきり言って自覚は無い。

只自分の思う所に従って動いていると言うだけで他意は無いつもりだ。結果だ

けを視て魔性と言われるのなら多分それは自己責任の範疇なのだろう。

 ……おかしいな。おっこの方が随分と魔性に思えるのだけどそれは私の勘繰

りすぎなのか?

 おっこはこう言う時にも口数が少な過ぎる。多分それがこの関係に於いて唯

一とも言える不満だ。私の中では不満未満のレベルだけど。

 生まれた時間の408日と言う差異は言った方が良い言葉を遮ってしまう程

大きな障壁なのだろうか。『ソンベ』と呼んでくれる声は心地良くて好きだけ

ど、それが障壁の表明だとするのなら要らない。差異の半分204日分をおっ

こに分け与えて同じラインで他愛も無い話が出来ればなどと非建設的な愚痴を

零したくなる。そうしても楽にならないからしないけど。

 ツイッターは用い方によっては感情を切り取ってプレパラート状に魅せる効

果もあるらしい。その効果をおっこの心に対してフル活用出来る様な方法論は

何処かにあるのだろうか。

 とりあえず逃避も兼ねて別の事を呟いておこう。おっこの気持ちに負ぶさっ

てしまうよりはましだ。?

 家鳴りと微かな息遣いに促されて目を覚ます。

 「ソンベ?」

 「隣、良い?」

 「どうぞ」

 下着で滑り込んで来るんだ?そして背中向けちゃうんだ?なら、別に一緒な

必然性なくない?

 そう言う不審感も互いの体温が馴染み、鼓動がシンクロして来るに従って次

第に薄れてくる。そして不意に気付く。ソンベの背中がうっすら汗ばんでる事。

一戦も交えていないのにこの汗は不自然じゃないの?こう言う事って今まで一

度も……あ、あった。

 でもあれは…いや、でもなぁ…御都合主義過ぎないかな、僕にとってそれは。

 でも、それ以外に多分説明は出来ない訳で。

 自惚れてしまって良いんだろうか?僕はソンベをこう言う場面で緊張させる

事が出来る存在だと。

 「ソンベ」

 「ん」

 「顔、みたい」

 「私は、見せたくない」

 「どうして?」

 「おっこが訊くのか?それを」

 「ソンベの口からちゃんと聞きたい」

 ソンベの体が揺らぐ。それに伴って僕も体を反転させよう…としたけど出来

なかった。ソンベの足ががっちりと僕の体を挟んで固定しまっていたから。

 うん、まあ、良いけど。背中で背中を感じるよりは顔や息遣いを感じてる方

がまだ良いし。下半身は…ここからは雪崩れ込まないか多分。

 「緊張感がありすぎるのも」

 「うん」

 「人間関係としては余り良くは無いな」

 「そうだね」

 「ここ暫くの私はそれをおっこに押し付けてたな。ごめん」

 「ちょ……らしくないな」

 「らしくなくさせてるのは何処の何方様だ」

 「誰だろう?」

 溜息を吐かれてしまった。でもなんかこの溜息は温かい感じがする。

 「よし、決めた」

 「何を?」

 「解決策」

 くぐもったいつもの企み声がしたかと思うと、耳をねっとりと舐られる。

 「そ、ソンベ?」

 「おっこ、次のタイミングから抱いてくれ」

 「抱く…って…その、僕がソンベに?」

 「そうだが何か?」

 我ながらかなり間抜けな問いにソンベのドヤ顔を連想しそうな見事な回答。

どうしてそうなるのか全く訳が判らない。

 そして固まってしまった僕を溶かす様に耳に滑り込む拗ねた声。

 「つまりだな…おっこは私を甘やかしなさい、と言う訳で」

 「甘やかされたいから抱けって?」

 「抱きながら甘やかして貰う事は出来ないだろう?」

 あー、まったくこの人は。僕が貴方にどんな時も甘いというのを判っててこ

う言うのかな?堪んないよ、まったく。

 「言っとくけど、慣れて無いよ?」

 「だろうな」

 「ソンベは慣れてるだろうけど」

 「そう見えたか」

 ちょ…ソンベ、骨が痛い!やめ…ちょ、緩めて。

 「……ぜぇぜぇ……」

 「こんなのはおっことが初めてだ、バカ」

 そして上昇する体温と体の一部の硬度。ソンベってこんなに可愛い人だっけ?

夢じゃないよねエイプリルフールはまだ先だよね?

 「ソンベ、対面させて」

 「駄目。罰として今日はこのまま抱き枕になってなさい」

 「一晩中?」

 「一晩中」

 まあ、それなら良いか。明日から仕切り直しと言う事で。

 

 

Author:

ぶどううり くすこ様

 

 
   
トップページ
 
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット